カテゴリ:句( 7 )   

蜻蛉に寄す BY 中原 中也   

  蜻蛉に寄す   中原 中也

あんまり晴れてる 秋の空
赤い蜻蛉〈(とんぼ)〉が 飛んでゐる
淡〈あは〉い夕陽を 浴びながら
僕は野原に 立つてゐる

遠くに工場の 煙突が
夕陽にかすんで みえてゐる
大きな溜息 一つついて
僕は蹲〈(しやが)〉んで 石を拾ふ

その石くれの 冷たさが
漸〈(ようや)〉手中〈しゆちう〉で ぬくもると
僕は放〈(ほか)〉して 今度は草を
夕陽を浴びてる 草を抜く

抜かれた草は 土の上で
ほのかほのかに 萎〈(な)〉えてゆく
遠くに工場の 煙突は 
夕陽に霞〈(かす)〉んで みえてゐる

c0150037_16435013.jpg

ここ、神戸・・8月最後の今日、もうさわやかな秋空です。トンボがたくさん飛んでます。。。
[PR]

by msroku | 2009-08-31 16:44 |

朝の一時に・・・この詩   

私は、理系の人間で文学とは縁がないのですが、、、
この歳になれば、見えてくるものも変わってくる。このところ少しだけ「詩」の良さがわかってきたのだが、、、ほんの少しだけ^^;
____________________________________

        「生命は」  吉野弘


 生命は
 自分自身で完結できないように
 つくられているらしい
 花も
 めしべとおしべが揃っているだけでは
 不充分で
 虫や風が訪れて
 めしべとおしべを仲立ちする

 生命はすべて
 そのなかに欠如を抱き
 それを他者から満たしてもらうのだ

 世界は多分
 他者の総和
 しかし
 互いに
 欠如を満たすなどとは
 知りもせず
 知らされもせず
 ばらまかれている者同士
 無関心でいられる間柄
 ときに
 うとましく思えることさも許されている間柄
 そのように
 世界がゆるやかに構成されているのは
 なぜ?

 花が咲いている
 すぐ近くまで
 虻の姿をした他者が
 光りをまとって飛んできている

 私も あるとき
 誰かのための虻だったろう

 あなたも あるとき
 私のための風だったかもしれない

         吉野 弘さん…「祝婚歌」を書かれた方ですね。。。
[PR]

by msroku | 2009-05-28 06:25 |

「た・ん・ぽ・ぽ」 の詩   

c0150037_15285052.jpg

c0150037_15374734.jpg


      あれはね  のはらのひよこ

      みみをすませば  きこえるでしょう
  
      あたたかないのちのうたが     詩・こやま 峰子

  暖かな詩です。まだまだ賑やかに咲く野の道ですが、、、今日はちょっとさびしいかな!
[PR]

by msroku | 2009-03-16 15:40 |

名句鑑賞・・・そのⅡ   

c0150037_1544441.jpg


    初富士の かなしきまでに 遠きかな  

高さを測るすべもない平安の昔から、富士はすでに「日本一の山」であった。白雪を冠したその比類のない優美な姿と、噴火を繰り返す底知れぬ威力によって、神々の宿る霊山として崇められてきた。。。

「一富士・二鷹・三茄子」の言葉が示すように、富士は目出度さの象徴である。

    初夢に猫も富士見る寝様かな  一茶

この写真は、今朝、日の出時の富士山ですよ
     (パパさんより初日の出の写真とともに送られてきました)
[PR]

by msroku | 2009-01-01 15:40 |

名句鑑賞・・・そのⅠ   

c0150037_1457996.jpg
c0150037_1457269.jpg


     大空の せましと匂ふ 初日かな     鳳朗


          この写真は今朝(1月1日)の日の出です。。。
[PR]

by msroku | 2009-01-01 15:18 |

今日の一句   

c0150037_7363627.jpg

     青空に きずひとつなし 玉の春    一茶

 あけましておめでとうございます。皆様にとってよいお年でありますように 
[PR]

by msroku | 2009-01-01 07:40 |

名句鑑賞・・・一茶   

    
     ともかくも あなた任せの としの暮   一茶

あなた任せとは、他力本願を旨とする浄土真宗の言葉で、阿弥陀の力にすがりお任せするという意。軽やかな俳諧味のある句だが、この表現の裏に一茶の悲しい運命がある。

この年の始めに、「目出度さも ちう位也 おらが春」 と 詠んだ一茶だったが、6月にかわいい盛りの長女を疱瘡で亡くした。

人生の計らいを投げ出したような、57歳の男の諦観と本音がこめられた句なのある。

                          以上  by 西村

このところ、ス-パ-ではお正月のお目出度い品が所狭しと並べられ、ボツボツお正月の準備をしなければと思いつつ、何にもする気のない私。。。
    30日まで仕事を入れてしまった。まっ!シフトに入れられているうちが花かな。

     興味のある人は こちらへ
   
[PR]

by msroku | 2008-12-09 15:31 |